2006年04月26日

PURE

もしも明日が見えるのならば
誰が道を踏み外すだろう?

もしも明日が見えるのならば
誰が迷い落ちてゆくだろう?

鏡に映る自分は何色?夢って何?
でも唄うことはできるだろう

何よりもボクらが進まなければ 夢は見つからない
閉ざしている心を 開いて さぁ 歩こう

もしも自分が見えるのならば
行きつく場所へ進むのだろう

いつのまにか遠ざかる夢のため できることは
心のかぎり 唄うこと

ボクたちの世代が動かなければ 何も始まらない
純粋な心を忘れてはいけない

ボクたちの世代が動かなければ 何も始まらない
純粋な心を忘れてはいけない

by Kaichang



posted by Kaichang at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

未知

いつも頑張ってる あいつの姿見て
夢を追いかけてる あいつの姿見て
僕の中でうずいてるのは? 熱くなるのは何故だろう?

いつまでも甘える 抜け殻の僕を見て
いつまでも弱気な 抜け殻の僕を見て
人は何を感じるだろう? 僕は何処に行くのだろう?

人の夢うらやんでは 自分の心をごまかして 楽な坂を登る
そんな自分を捨て去って 振り向くことを忘れて
素敵な道を今、歩くよ この未知を…

始めの一歩を踏み出せない僕がいる
少し前に足を出せれば良いことなのに
僕は何を怯えているの? 怖がってるのは何故だろう?

気づいたら 周りのみんな それぞれの道歩んで 僕はひとりぼっち
分かってる! 分かってるんだ! 勇気を出そう
震える身体 たった一歩さ 踏み出そう この未知を…

「明日のこない人なんていないだろ?」
親愛なる人に言われた この言葉
信じて 自分を 明日を夢見て
つかむのさ 果て無き未知を

「お互い何かを捜しあえる生き方」 それこそ僕のテーマソングさ
僕の可能性を無限大に表せたら そこから僕の道に光が射すよ
歩こう この未知を…

by Kaichang



posted by Kaichang at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

限りある生命を 精一杯 君は生きてますか?
一瞬一秒を 精一杯 君は生きてますか?

自分が無力だと嘆くのは早い
矛盾や怒りを無視しちゃ進めないよ

「考える…」 人はそんな特権を手にした
同情が好きで他人と比べるのが好きなんだ
人間の価値をはかるメジャーなんてないさ
ただ無心にそこに咲いている花になろう

間違いだらけの人生 それでいいんだよ
トライして失敗するのに価値があるんだ

誰も成功しろとは言ってないから
うまくやろうなんて思わないで進もうよ

その一瞬 感じたことが大事なんだから
転がって 立ちあがって 自分を磨けばいいさ
いつだって 生きるためのマニュアルなんてないさ
ゆっくりと 自分という名の花を咲かせよう

人間の価値をはかるメジャーなんてないさ
振り向くことも構わない 人はみんな弱いんだ
いつだって 生きるためのマニュアルなんてないさ
ゆっくりと 自分という名の花を咲かせよう

by Kaichang



posted by Kaichang at 22:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

春風

「素直がイチバンだと思うよ?」
「変にカッコつけないでさ?」

かけがえのない友の声 うつむいた僕にさよならを

ああ 恋にやぶれたとき
心を閉ざしてしまいそうなとき
何も変わらない春風が 優しく包んでくれるよ
花薫る季節 すべてはココから

僕の気持ちばかり押し付けて
君の心をつぶしたね?

振り向かず 現実を見つめて 昨日の僕にさよならを

ああ 恋にやぶれたとき
心を閉ざしてしまいそうなとき
何も変わらない春風が 優しく包んでくれるよ
花薫る季節 すべてはココから

深く考えず のほほんと生きてごらん?
花揺れる季節 何かが見えてくるんじゃない?

ああ 道に迷いそうなとき
心を閉ざしてしまいそうなとき
何も変わらない春風が 優しく包んでくれるよ
花薫る季節 すべてはココから

by Kaichang



posted by Kaichang at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

今日のボクから明日のボクへ

眠りの中 ひとりたたずむ
行き場のない少年を見てた
群衆の中 声にならない
叫びを少年に映してた

過れちがう 様々なドラマに
今日も歩くボクが振り返るよ
黄昏た街並がやけに眩しいよ

ボクは人ゴミにのみこまれ
不思議な世界へ飛んでいった
あの日見た街の光も今はボクだけを照らしてる
果てしない時間の旅路へ

ひとりぼっちで見てた空 風に流れてゆれてる雲
これから何処へゆっくり向かうというの?
今日のボクから明日のボクへ贈る 勇気のメロディー
無限の夢を描きながら

ひとりぼっちで泣いた夜 幾千の星を見つめながら
流れるボク 流されるボクを見てきた
今日のボクから明日のボクへ贈る 勇気のメロディー
無限の夢を描きながら

ひとりぼっちで開けたドア あたたかいひだまりの中で
勇気に満ちた少年の瞳を見てた
今日のボクから明日のボクへ贈る 永遠の詩
無限の夢を描きながら

by Kaichang



posted by Kaichang at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

扉 〜トビラ〜

他人は どんな人生をおくってきたからと
何もかもに 価値をつけようとするけれど

自分で決めた道だから
誰に何を言われようともかまわない
笑われたっていいんじゃない?
現在をどうやって生きてることで
過去にこだわることはない…
ないんじゃないかな?

色々あったよね
いつも寝てばかりだといって
眼を覚まさないわけじゃないんだ
扉は開けたよ
さぁ 怖がることはない
ゆっくりと進んでいこうよ



posted by Kaichang at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。