2008年09月19日

恋愛

この泪は誰のために

この泪は何のために

流したの



そもそも人が人を好きになることなんて

この世界になければいいのに

こんな僕には必要ないよ

今の僕には必要ないよ



ところが僕は誰かを愛したい

愛されたいと願うんだね



そんな感情持つ前に

愛した人を守れるだけの自信を

愛した人を守れるだけの環境を

愛した人を守れるだけのハートを

僕は育んでいかなければ



「恋」なんて「愛」なんて

この世界になければいいのに

誰のために流した泪だ

何のために流した泪だ



誰のために生きてるんだ

何のために生きてるんだ



幸せになるために生きてるんだろ

最期に愛した人と笑いあえるために生きてるんだろ



ガタガタ言わずに今できることを

精一杯やってみろ

今できることを

精一杯やってやる



それから「恋」や「愛」の謎を解いてやる

ゆっくりと「恋」や「愛」の謎を解いてやる



いつかは今の僕を笑い飛ばせるときがくるだろう

必ず今の僕を笑い飛ばせるときがくるだろう



そのときまで精一杯生きてやる

今を精一杯生きてやる



by Kaichang


posted by Kaichang at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

そっか

そっか

こんなに君が好きなんだ

そっか

こんなに君でいっぱいだ



今すぐ逢いたくて

でも逢えなくて

逢いたい気持ちが僕のパワーになるよ



ほら

また君が笑った

ほら

僕もつられて笑った



君が笑顔でいるだけで

この世界は薔薇色になるよ



君が笑顔でいるだけで

ここは愛に満ちた世界なんだよ



そっか

そんなに泣きたいんだね

そっか

声をあげて思い切り泣いておくれ



人はそんなに強くないから

人はこんなに弱いものだから

立ち止まったり

後ろ向いちゃったり

うつむいちゃったり

それが人ってものだよ

それこそが人生さ



どこかで聞いた台詞だけど

忘れないで

僕の人生は

君の人生は

自分自身が主人公



これもどこかで聞いた台詞だけど

生きるための説明書なんてないから

僕らしく

君らしく

生きてみよう



そっか

こんなに君が好きなんだ

そっか

こんなに君でいっぱいだ



だから

僕はこんなに幸せなんだ



by Kaichang


posted by Kaichang at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

Z 〜僕のテーマソング〜

行こうか

この目の前の道を

この奥の細道を

僕の名前は細道くんだぜ

そう呼んでくれたら

クシャおじさんのような満面の笑顔で笑ってやるぜ



行こうか

この曲がりくねった道を

『The Long And Winding Road』

ビートルズってか

っていうかポール・マッカートニーか

レジェンドってか

僕はレフティーだけどギターは右利きだぜ

君左利きだね?じゃあギターも?

ってな感じにいつも言われる度に

クシャおじさんのような満面の笑顔で笑ってやるぜ



いつかは誰もが逝っちまうだろうが

今生きてることを幸せだと叫んでやれ

笑っていようが 泣いていようが なんだろうが

今生きてることは素敵なことだぜ



昨日の自分が今日ここで息をしてることを

どうしようもなく幸せだと叫んでやろうぜ



逝っちまうまで いろんなことがあるさ

最期には笑い飛ばしてやろうぜ



そんな感じで

今日も明日も明後日も

クシャおじさんのような満面の笑顔で笑ってやろうぜ



by Kaichang


posted by Kaichang at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

主人公

時には思い出ゆきの 旅行案内書(ガイドブック)にまかせ

「あの頃」という名の駅で降りて

「昔通り」を歩く

いつもの喫茶(テラス)には まだ時の名残りが少し

地下鉄(メトロ)の駅の前には「62番」のバス

鈴懸(プラタナス)並木の古い広場と学生だらけの街

そういえば あなたの服の模様さえ覚えてる

あなたの眩しい笑顔と

友達の笑い声に

抱かれて 私はいつでも

必ずきらめいていた



「或いは」「もしも」だなんてあなたは嫌ったけど

時を遡る切符(チケット)があれば欲しくなる時がある

あそこの別れ道で選びなおせるならって……

勿論 今の私を悲しむつもりはない

確かに自分で 選んだ以上精一杯生きる

そうでなきゃ あなたにとても

とても はずかしいから



あなたは 教えてくれた

小さな物語でも



自分の人生の中では

誰もがみな主人公

時折り思い出の中で



あなたは 支えてください

私の人生の中では

私が主人公だと



by さだまさし



……さだまさしの名曲を大切な友達に贈ります。とても不安な夜、孤独に襲われる夜があるかもしれないけど、僕の人生、君の人生の中では自分自身が主人公なんだよ。いろんな人に出逢って、そして別れがあって、でも思い出の中でみんなは生きていて、君を支えてくれてるからね。昨日、今日、明日に、僕に、みんなに、そして君に笑顔の花が咲きますように♪


posted by Kaichang at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

ありがとう

今はひとりで泣かせてよ

夢の中で逢いたいよ



二人並んで歩くことは難しいね

君をおいてけぼりにしてしまって

同じ歩幅で歩くことは難しいね

笑っちゃうほどおいてけぼりにしてしまって



君に笑顔をプレゼントすることが僕のささやかな幸せだよ

君が笑顔でいてくれるだけで僕はもう何もいらない 何もいらないから



僕の気持ちは伝えることはできたけど

君の心は押し潰されてしまってないかい?



君の幸せを願ってるよ

そんな僕は切なくて泣くことしかできないけど

ただ見守ることしかできないけど

どうか愛しい人よ 君の選んだ人と幸せを手に取っておくれ



せめて夢の中で逢いたいよ

切なさはただ募るばかり

僕の想いは叫ばずにはいられないよ



君と出逢えたことで目の前に映る景色が変わったよ

なんていうかありふれてるけどすべてが綺麗なんだ

どこかで聞いた台詞だけど素晴らしい世界だよ



ぼくら結ばれることはなくても君よ笑ってよ はにかんで笑ってよ

それだけでいいよ

それだけでいいよ



寂しいけど 切ないけど

明日は必ずくるよ

思い通りにいかないけど 素敵な明日を夢見て

とにかくがむしゃらに君を想って

僕が君を想った分だけ 君に幸せが降り注ぎますように



悲しみの雨が降るときは僕が傘をさしてあげるから

君が泣きたいときは隣でギター弾いて唄でも唄ってあげるから

だからどうかクスッと笑っておくれ



足元に転がってる石ころ もしかしたらそれは小さな幸せ

優しく蹴飛ばしながら家まで持ち帰ろう

その時間を小さな幸せと呼ぼう

小さな幸せを胸に抱きしめよう



綺麗事を並べてばかりいるけど 君が好き ただそれだけのこと

ただそれだけのことを伝えてしまったけど

君には君の愛しい人がいて

君は君の道を歩んで

幸せに繋がる道を歩んで



どうか笑顔を失くさないように

それぞれの道を自分らしく歩いて

君の幸せは僕の幸せだから

心の片隅に僕をチョコンと置いておいてくれたら

それだけでいいよ

それだけでいいよ



ほらまた明日が迎えにくるから

幸せへと繋がるこの道を歩いていこうよ



そして最後に言わせておくれ

心から君に「ありがとう」と…



by Kaichang


posted by Kaichang at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

HANABI

さよならが迎えに来ることを

最初からわかっていたとしたって

もう一回 もう一回

もう一回 もう一回

何度でも君に逢いたい

めぐり逢えたことでこんなに

世界が美しく見えるなんて

想像さえもしていない 単純だって笑うかい?

君に心からありがとうを言うよ



滞らないように 揺れて流れて

透き通ってく水のような

心であれたら



逢いたくなったときの分まで

寂しくなったときの分まで

もう一回 もう一回

もう一回 もう一回

君を強く焼き付けたい

誰も皆 問題を抱えている

だけど素敵な明日を願っている

憶病風に吹かれて 波風がたった世界を

どれだけ愛することができるだろう?

もう一回 もう一回

もう一回 もう一回



by Mr.Children


posted by Kaichang at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

君が好き

君が好き
僕が生きるうえでこれ以上の意味はなくたっていい

by Mr.Children


posted by Kaichang at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

I AM YOUR SINGER

夏がまた来るまでは

互い涙見せずに

いつまでも変わらぬ想い



遠く離れ離れの

時も「大好きだよ」と

嗚呼 口唇に微笑みを

Oh… いつの日も乗せて!!



by 桑田佳佑(サザンオールスターズ)


posted by Kaichang at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

キセキ

うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって!

強がりや寂しさも 忘れられるから

僕は君でなら 僕でいれるから!

だからいつも そばに居てよ 『愛しい君へ』



by GReeeeN


posted by Kaichang at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

風と星とメビウスの輪

愛されて 優しくなれて

その優しさ故に愛されて

君と僕が

そんなメビウスの輪の上を笑いながら

寄り添って歩けたなら



by 桜井和寿 (Mr.Children)


posted by Kaichang at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横断歩道を渡る人たち

イライラした母親はもの分かりの悪い息子の手を引っ張って

もう何個も持ってるでしょ!?と おもちゃ屋の前で声を上げている

欲しがっているのはおもちゃじゃなく愛情で

拒んでるのも「我慢」を教えるための愛情で

人目も気にせず泣いて怒って その親子は愛し合っているんだ



by 桜井和寿 (Mr.Children)


posted by Kaichang at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GIFT

降り注ぐ日差しがあって

だからこそ日陰もあって

そのすべてが意味を持って

互いを讃えているのなら

もうどんな場所にいても

光を感じれるよ



by 桜井和寿 (Mr.Children)


posted by Kaichang at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

この2ヵ月間の生きた証『雨と泪』

そんなに泣かなくていいんだ そばにいるよ

だから自分の足で歩こう 君の泪はいつか大粒の雨になり

大地を固めるのだから



長い長い道のりの中には つまずく事もあるだろう

心を踏みにじったり弄んだり そんな奴らにかまう事はないんだ

夜明けがもうすぐ君の事を待っているから…



そんなに泣かなくていいんだ そばにいるよ

だから自分の足で歩こう 君の泪はいつか大粒の雨になり

大地を固めるのだから



山を越え川を下り大きく息を吸い込む 繰り返す道のりを眼一杯進んでやれ

妬みや僻みや蔑んだりバカにしたり 周りの目なんておかまいなしなんだ

新しい朝が君の全てを照らしてくれるから…



そんなに泣かなくていいんだ 笑いとばそう

そこにはみんながいるから 君の泪はいつか優しい雨になり

きれいな花を咲かすのだから



そんなに泣かなくていいんだ そばにいるよ

だから自分の足で歩こう 君の泪はいつか大粒の雨になり

大地を固めるのだから



by ゆず(北川悠仁)


posted by Kaichang at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

奪ってしまった

僕の考えたすえの一言は

その人の幸せを奪ってしまったようだ

その罪を背負っていくのだろう

今日は笑顔を失くしてしまっても

明日からは、また笑顔で過ごしたいよ


posted by Kaichang at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

ためいき

ああ ホッと胸をなでおろす 今日この頃

何もかも無事に終わって良かった

新しい朝を迎えるには 君がいないとだめなのさ



「バンザイ」 ウルフルズを聴いてる今日この頃

一息いれて何かをしようかなと

新しいことを始めるには最高の気分さ



ああ こんな時 こんな時に君がいてくれれば

ああ 僕のそばに そばに来てほしいな

きれいな気持ちで 君といたい



疲れた ホッとためいきひとつ今日この頃

TV映せば 気分が悪くなるよ

何もかも新しくするため 君を迎えに行こう



ああ 僕の中 僕の中で君が笑ってる

ああ 僕から 僕からそこに行くよ

新たな気持ちでTryしたい



幸せと思うとき 必ず君がいる

なんだかためいきの多い今日この頃さ



ああ 新しく きれいな世界で君といたい

ああ 汚れてる 気分の悪い世の中を

ああ どれだけ どれだけ 洗い流せるか

ああ 力合わせ 君と一緒に生きていきたい

きれいな気持ちで 君といたい



by Kaichang


posted by Kaichang at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

希望の唄

いつの日も心に笑顔の花を咲かせよう

そんな明日を夢見ることが きっと素敵なことなんだ



目の前に道が無くても ボクらが一歩 足を踏み出せば そこは道となるよ

足跡をしっかり残そうよ その足跡がボクらの生きた証なんだよ



君の笑顔に救われました 笑顔はボクに笑顔をプレゼントしてくれました

そうやって人は繋がっていけるよ 笑顔はボクに生きる意味をくれました



落ち込んで元気が無くて 笑えない日だってあるでしょう

うまくいくことばかりじゃないから 人生は楽しいと思えたなら素敵なことなんだ



たまには転んでケガしちゃったりして そのケガは一つの経験となり明日に繋がるでしょう

ほら そのケガこそ生きた証なんだよ



泣きたい時は思い切り泣いてしまおう 時には思い切り振り向いてしまおう

笑えない日だってあるでしょう でも笑える明日をイメージすることで希望の光は射すでしょう



今、笑えること 泣いたりできること 今、笑えたこと 泣いたこと

そんなことが幸せだと思えたなら それは素敵なことなんだ



ありふれたことが 何気無いことが 当たり前のことが 実は素晴らしいことなんだ



いつだって今日がスタートライン 心からのありがとうを胸に

ボクらの「今」と「これから」に希望の光が射しますように



by Kaichang


posted by Kaichang at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

心はひとつ

ひとつきも逢えなくて 寂しいなんて

言葉じゃ表せない 君の声を聞きたくて



ケータイなのに 時間を忘れて話は尽きない

それがどんな内容でも 二人にとって大切な時間



僕には君がいるんだ そう確かに君は存在してる

どんなに離れていても 心はひとつなんだよね

そりゃぁ 逢えないのはつらいけどさぁ

心はひとつ



君は仕事をして 毎日過ごす

僕は諦められずに 夢を目指す日々



「あたりまえに生きるより 頑張ってるあなたが好き…」

君の言葉が何より嬉しくて 涙が止まらない



僕には君がいるんだ アスファルトにのびる灯り

君のところまでのびるかな 綺麗な夜の雨

たくさんの灯りたち また逢えるかな

心はひとつ



by Kaichang


posted by Kaichang at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

広くもなく 狭くもない この部屋で…

ざわめく平鳴りがおさまり ぼやけた瞳が戻る

あの音しかない闇の世界から 初めて感じた眩しさが

煙と埃と共に射し込んでいる

窓から射し込む光の道は遠い宇宙から

日溜りをつくり 僕を包み込む



震える身体もとまり 弱さも怖さも孤独さも

過ぎた時間も気付かないままで

広くもなく 狭くもない この部屋で…

by Kaichang's brother


posted by Kaichang at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

2007/02/13(火)という日に…。『光』

ためいきばかりこぼしている そんな冬の夜に
自分の存在って何だろう? 考えている
バイトも長続きをしない 情けない自分に
繰り返される暮し 逃げる場所は 何ひとつない

好きな時間に起きては 寝てばかりいる
こんな暮しが いつまでも続くわけがない

そんなことは分かってる… 分かってる…

今、僕が感じた わずかな光に手を伸ばそう
今、僕が感じた わずかな光を捜しに行こう
胸張って…

過去の経験をいつまでも 悔やんでいる僕が
前に進むにはどうするべきか 考えている

ひとつだけでもいいから 自信を持つんだ
ひとつココロを揺さぶる 自信を持つんだ

笑われても構わない… 構わない…

今、僕が感じた わずかな光に手を伸ばそう
今、僕が感じた わずかな光を捜しに行こう
胸張って…

自分の周りの人間が 先を歩いていても
焦らなくていい 自分は自分のペースがあるのさ

今、僕が感じた わずかな光に手を伸ばそう
今、僕が感じた わずかな光を捜しに行こう
今、僕が開いた 扉の向こうに手を伸ばそう
今、僕が感じる 眩しい光に戸惑いはない
胸張って…

by Kaichang


posted by Kaichang at 22:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

笑顔も泣き顔もすべて

過ぎゆく時間の中で 君を見つめてたい
君の手握り この時間の中 変らぬ夢を見よう

忘れられない心の痛みもかなしみも
君の中にあるものすべて 僕にあずけて

君のすべて包みたい ぬくもりを感じていたい
君の笑顔守りたい 君がかなしまぬように

僕に与えられてきた すべてを君の胸に
求めたしあわせ 捜してきた愛 すべてを伝えたい

かなしい夢はもういらない 君はもうひとりじゃないから
ありのままのこの僕を ただ見つめていて

君のすべて包みたい ぬくもりを感じていたい
君のすべて守りたい 君がかなしまぬように

笑顔も泣き顔もすべて 僕の愛で包んでみせる
君の瞳に涙があふれ 何も見えなくても
僕は決して君のそばを 離れはしないから ずっと

いつまでも…

by Kaichang


posted by Kaichang at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。