2014年12月05日

鉄道員(ぽっぽや)

2014年・22本目。

高倉健さんの追悼作品として、
WOWOWで放送されたものをブルーレイレコーダーで録画した。

ディスクに焼く前にハードディスクで鑑賞。

ひとりで大号泣。嗚咽してしまった。

健さんの圧倒的な存在感。真っ直ぐで不器用な主人公を見事に演じていました。

ぽっぽやとして生涯を捧げる姿に心を打たれた。

劇中、涙ウルウルのスイッチが入ってしまい、
終始ウルウルしていたけど、特に広末涼子との共演シーンで、嗚咽してしまった。大号泣でした。

雪景色、音楽、配役、ストーリー、すべて良かったです。
posted by Kaichang at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410140204

この記事へのトラックバック