2012年12月18日

かいちゃん的〜2012年・映画鑑賞総括日記No.2

大家好!かいちゃんだよ♪\(o ̄∇ ̄o)ハーイ

2012年の映画総括日記のNo.2だよ!(゜Д゜)ハハーン!

No.1を書いた時点では68本だったんだけど、その後、2本の映画を観たので、
今年は全部で70本の映画を鑑賞しました!(この日記を書いてるのが12月18日(火)です。)
一年間で観た映画の本数は、2005年の100本、2006年の80本に次いで3番目の多さだよ♪(゜皿゜;)ナニー!?

ブルーレイ、DVD鑑賞は下半期からスタート!(゜皿゜;)オザキーッ!!

☆彡ブルーレイ、DVD鑑賞♪

7.14(土)「アントキノイノチ」(2011年)星4つ☆彡〜主人公の痛みが分かるから、涙が止まらなかった。

7.15(日)「アヒルと鴨のコインロッカー」(2006年)星4つ☆彡〜やられた!どんでん返しがあるって聞いてたけど、「こうきたか!?」って感じだった!

8.18(土)「バックドラフト」(1991年・米)星5つ☆彡〜文句なし!「見ろ、俺の弟だ…。」

9.16(日)「俺たちに明日はない」(1967年・米)星4つ☆彡〜これこそアメリカンニューシネマの傑作!ラストシーンが凄まじい!!

9.17(月)「独裁者」(1940年)星5つ☆彡〜僕の父親が生まれた年の映画!チャップリンの演説は映画史に残る!…というか、この演説シーンは学校とかで子供たちに見せた方が良い!
72年前の映画とは思えないほどのメッセージが詰まってる!
どっかの国の偉い人は今作のような名作を国民に見せないように規制してるのかな?

9.20(木)「アメリカン・ヒストリーX」(1998年)星4つ☆彡〜まだ「ファイトクラブ」を観てないんだけど、「真実の行方」の、あのふわふわしたエドワード・ノートンがめっちゃカッコイイ!

9.21(金)「ザ・マジックアワー」(2008年)星5つ☆彡〜僕の好きなアイドルが「好きな映画だ!」と言ってたから、「どんなもんだろう?」と思って観てみたら、めちゃくちゃ面白かった!!

10.2(火)「なぜ君は絶望と闘えたのか・前編・後編」(2010年・WOWOWドラマ)星5つ☆彡〜WOWOWで制作・放送された作品で映画とくくってはいけないかもしれないけど、
このドラマのモデルの山口県光市母子殺害事件の被害者の方は、僕の父親の長年の友人の息子さんだから、
この作品は特別な思いで観ました。

10.11(木)「フェノミナン」(1996年・米)星4つ☆彡〜ジョン・トラボルタの感動作。コメディタッチから涙の映画に展開させる僕の大好きなタイプの映画。

10.28(日)「マネーボール」(2011年・米)星4つ☆彡〜ブラッド・ピットがメジャーリーグのGMを好演。実話だから面白い!

11.21(水)「黄色い星の子供たち」(2010年・フランス/ドイツ/ハンガリー)星5つ☆彡〜フランスが舞台のユダヤ人迫害の映画。子供たちを観てると涙が止まらない。これも実話。

12.8(土)「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(2011年)星4つ☆彡〜AKB48のあっちゃんが主演ということで完全になめてたんだけど、
めちゃくちゃ面白かった!2012年のダークホースって感じ(笑)?

12.15(土)「用心棒」(1961年)星5つ☆彡〜文句なしの黒澤映画の名作!
黒澤マニアの父親によると三船敏朗演じる主人公が「椿三十郎」と同じだと聞いて、じゃあ、順番通りに観ようと思い、鑑賞。やっぱり黒澤明はおそるべし。

12.16(日)「椿三十郎」(1962年)星5つ☆彡〜そして、「用心棒」のあとの今作は軽快なストーリー展開。
「用心棒」よりも今作の方が面白く感じた!そして、映画史に残るラストシーン!凄まじい!!
僕は「俺たちに明日はない」と「椿三十郎」のラストシーンはなんらかの番組などで観てるので、
どんな感じかは知ってるわけなんだけど、やっぱりこうしてきちんと映画を最初から観て、ラストシーンを観ると、衝撃がすごいね!!
口があんぐり開いちゃう感じ(笑)

☆彡試写会♪

7.6(金)「BRAVE HEARTS 海猿」(2012年)星4つ☆彡〜おまけです(笑)「海猿」はやっぱり面白いよ。今作は久しぶりに父親と二人で試写会で観ました♪なので思い出の作品です♪

…という感じで、2012年の映画総括日記でした!
70本全部語ってたら誰も読んでくれない長文になってしまいそうだから、
今年は心に残った映画。星4つから星5つ。
そして、今年の劇場鑑賞No.1は「黒部の太陽」(1968年)。
ブルーレイ、DVD鑑賞No.1は68本から2本追加してからの黒澤映画「椿三十郎」(1962年)。
なんと、どちらも三船敏朗が出演してます!!そして不屈の名作、60年代の邦画でした!
もし洋画でNo.1を選ぶなら劇場鑑賞では「ダークナイトライジング」(2012年)で、
ブルーレイ、DVD鑑賞では、「陽のあたる教室」(1995年)を僕は選びます♪

といったわけで、今年も映画にたくさん恋をしました!来年も映画にたくさん恋したいです♪
2013年は何本の映画を観ることができるかな?((o(´∀`)o))ワクワク

ではでは、長文、最後まで読んでくださってありがとうございまっするきたむら!かいちゃんでした♪(人´∀`*)ヨロポン
posted by Kaichang at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/308517093

この記事へのトラックバック